世界

おいしいチーズフォンデュの作り方

チーズフォンデュを本場のレシピ通りに作ると、なんだかしつこい、強すぎると感じる日本人も多いのです。
なぜか?というと、本場ではエメンタールチーズとグリュエールチーズという2種類のものを利用するのですが、この味が日本人の口に合いにくいといわれているんですね。
確かに、たくさん食べられないと思うのはこのせいかもしれません。

そこで、日本で万人が好きと思えるチーズフォンデュを作りたい場合、日本人でも慣れ親しんだチェダーチーズとゴーダチーズを利用するといいお味になります。
これに小麦粉を良くまぶします。
この小麦粉をまぶすことでチーズフォンデュ独特のとろみ感が生まれるんです。

お鍋に小麦粉をまぶしたチーズを入れて弱火にかけます。
そこに少量ずつ牛乳を加え溶かしていきます。
焦がさないようにするのがポイントですよ。

牛乳と共に生クリームを入れてもコクがでて美味しくなります。
焦がさないようにするために、火力は常に弱火で、チーズが固くなってきたら、牛乳を食えつつ調整していくと時間がたってもおいしくいただけます。

具は好きなものなら何でも!!いいと思いますよ。
ミニトマトもとてもおいしいし、ニンジン嫌いなお子さんもチーズフォンデュにすると案外食べられます。
定番はかりっと焼いたフランスパンですね。