イタリアチーズの種類と特徴
世界

イタリアチーズの種類と特徴

イタリアチーズの代表といえば、世界の三大チーズと呼ばれるうちの一つ、ブルーチーズのゴルゴンゾーラが有名です。
かなり癖がある青カビのチーズなので苦手という人もいますが、好きな人はとことん好きなものです。
ゴルゴンゾーラのパスタはブルーチーズ好きな人に大人気です。

ホエーと呼ばれる乳清をさらによく煮詰めたチーズがリコッタです。
「リコッタ」の「リ」は二度という意味、「コッタ」は煮るという意味があります。
最近はパンケーキなどにも利用され、日本でも知名度が高くなっているものですね。

マスカルポーネはティラミスの一大ブームの中知られるようになったものです。
ホイップすることで濃厚な生クリームのような食感となるのでケーキやムースなどスイーツづくりに利用される方が多いです。
イタリアのロンパルディア地方の名産チーズです。

日本でも北海道などで作られるようになったカチョカヴァッロは、馬の器具の左右にぶら下げ熟成されたことでこの名がついたものです。
イタリア語でカヴァッロは馬という意味なんですね。
そのままいただいてもおいしいのですが、とろりととかしてパンに乗せるだけでも本当においしいです。

このほかに、マスカルポーネ同様、ロンパルディアの名産のチーズ、ワインとよく合うおいしいチーズにタレッジョがあります。
柔らかめのチーズで最近は日本でも手に入れることが出来るようになってきています。