世界の色々な種類のチーズ
世界

世界の色々な種類のチーズ

チーズにはフレッシュ、青カビ、白カビ、ハード、セミハード、ウォッシュなどの種類があります。
フレッシュチーズといえばモッツアレラ、カッテージ、マスカルポーネなど日本人にもなじみが深いですね。
サラダなどにも利用するモッツアレラはイタリアのものです。

青カビのチーズといえばゴルゴンゾーラが有名です。
ゴルゴンゾーラもイタリアのものです。
舌を指すような刺激が特徴で、これに嵌ってしまう人も少なくありません。
白カビチーズの代表といえばカマンベールです。
これはフランスで生まれたものでとろりとした食感が特徴です。
熱を入れてとろとろにしていただくのも美味です。

ハードタイプのものにはチェダー、パルミジャーノ・レッジャーノ、エメンタールなどがあります。
削ってパスタやサラダに振り掛けていただくことが多いですね。
チェダーはイギリス、エメンタールはスイスのチーズ、本場のチーズフォンデュに欠かせないものです。

セミハードチーズには最近メジャーになってきたラクレットがあります。
特性の機械で温めてジャガイモにかけていただきます。
ウォッシュはエポワスやモンドールというチーズがあります。
エポワスはフランス、ブルゴーニュのチーズでスプーンですくえるヨーグルトのような食感のクリーミーなチーズです。